{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

小川小公子2021 Mizunara 750ml

6,600円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

日本オリジナル品種「小公子」を日本の木樽で熟成させた究極の日本ワインです。 『小川小公子2021 Mizunara』 武蔵ワイナリーは JAS 有機で認められたボルドー液すら使用していない完全無農薬栽培を実践しており、その様なブドウは日本に1%も存在していません。 醸造においてはブドウ以外何も添加していません。特に多くのワイナリーではブドウの糖度が足りない際に糖類の添加(補糖)を行っていますが、自社ワインにおいて補糖を自主的に禁止し、品質向上に務めています。 2021 年は秋雨前線が 8 月下旬に関東に差し掛かり、梅雨明けしたのにもう秋雨??という不思議な天候となりました。2020 年から栽培の技術革新が起こり、天候が悪くてもブドウの糖度を上げることが出来る様になってきました。秋雨となれば、小公子は収穫を急ぐしかありませんが、天候への適応力も向上し、全体的なワインの質は年々向上しています。 2021 年の小公子は、気象条件が悪かったにもかかわらず、通常収穫で糖度 22 度をキープ出来ました。2 週間程度の醸し発酵後、貯蔵はステンレスタンクにて約 6 か月、ミズナラ樽に移して約 20ケ月、おり引きせずに熟成させています(シュールリー製法)。 これまで同様、この仕込に関しても、ブドウ以外の物質を一切使用しませんでした。貯蔵時にはステンレスタンクの空尺を埋めるために二酸化炭素を使用し、瓶詰め時には不活性のアルゴンガスを使用しました。亜硫酸塩を添加していない為、貯蔵、瓶詰めには品質保持に気を使っています。 このワインはシュールリー製法により旨味を引き出し、まろやかな酸味が心地よく感じられます。 現状で美味しく飲めますが、数年後はもっと旨くなり、これまで同様 5 年後 10 年後はさらに旨いワインになります。 ダークチェリー、ブラックベリー、干しイチジク、の印象を受け、ミズナラ新樽による白檀(びゃくだん)や伽羅(きゃら)、そしてわずかなバニラ香も感じられ、余韻は長く心地よい酸味と旨味が広がります。ワインの色は鮮やかなガーネット色で、エレガントな印象を受けます。 料理との相性は、幅広く、肉料理はもちろんのこと、和食や中華でも合わせやすく、豚の生姜焼きやチキンソテー、青椒肉絲が思い浮かびます。和菓子などのデザートとも相性が良いです。ただし、このワインを冷やして飲むのは厳禁、20°C以上がお勧めです。 武蔵ワイナリーのワインは、名称は同じでもヴィンテージの違いで味わいが異なります。仕込み方も躊躇なくブドウに合わせて変更します。 フルボトル 855 本、2021 年はバランス良く、加えてミズナラ新樽により大変エレガントに仕上がっています。 武蔵ワイナリー株式会社 代表取締役・醸造責任者 福島有造 原材料名 ぶどう(埼玉県比企郡小川町産) 品種   小川小公子100% 製造者 武蔵ワイナリー株式会社 埼玉県比企郡小川町高谷104-1 酵母  天然酵母 内容量 750ml アルコール分 12% ※この商品はお酒です。 ※20歳以上であることを確認出来ない場合は販売致しません。

セール中のアイテム