new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

小川小公子2021 Sugi 375ml

3,300円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

日本オリジナル品種「小公子」を日本の木樽で熟成させた究極の日本ワインです。 『小川小公子2021 Sugi』 当社は JAS 有機で認められたボルドー液すら使用しない完全農薬不使用栽培を実践しており、その様なブドウは日本に1%も存在していません。醸造においてはブドウ以外何も添加していません。 特に多くのワイナリーではブドウの糖度が足りない際に糖類の添加(補糖)を行っていますが、自社ワインにおいて補糖を自主的に禁止し、品質向上に務めています。 2021 年は秋雨前線が 8 月下旬に関東に差し掛かり、梅雨明けしたのにもう秋雨??という不思議な天候となりました。2020 年から栽培の技術革新が起こり、天候が悪くてもブドウの糖度を上げることが出来る様になってきました。秋雨となれば、小公子は収穫を急ぐしかありませんが、天 候への適応力も向上し、全体的なワインの質は年々向上しています。 悪条件下でも小公子は通常収穫で糖度 22 度をキープ出来ました。 2 週間程度の醸し発酵後、貯蔵はステンレスタンクにて 6 ケ月、杉樽に移して約 20 ケ月貯蔵した後、おり引きを 2 回してから瓶詰。 約 26 か月ほどおりと同居させるシュールリー製法にて熟成。 これまで同様、この仕込に関しても、ブドウ以外の物質を一切使用しませんでした。 貯蔵時にはステンレスタンクの空尺を埋めるために二酸化炭素を使用し、瓶詰め時には不活性のアルゴンガスを使用しました。 亜硫酸塩を添加していない為、貯蔵、瓶詰め時の品質保持に気を使っています。 このワインはシュールリー製法による旨味、深い森のような香りと樽のトースト効果によるほんのりと甘みある味わいが特徴です。 新樽のため強い樽香を感じることと思いますが、酸味もバランス良く、飽きません。数年後はもっと旨くなり、葡萄の果実味が樽香に勝る 5 年後 10 年後にはさらに旨いワインになります。 カシスやラズベリー、ムスク、なめし皮の印象を受け、旨味とほのかな甘味の余韻が非常に長く続くのが特徴的です。ワインの色は鮮やかなガーネット色で、エレガントな印象を受けます。料理との相性は、幅広いですが、特に和食に合いそうです。脂ののった焼き鯖やブリの照り焼き、すき焼きなんかも良さそうです。小公子のワインは 2 0℃以上がお勧めです。 「杉樽は及ばざるが如し2108」という日本酒用の四斗樽を用いて商品化しました。これはこれで非常に美味しいワインで杉を使うのはそれ以来です。 このワインは、ほかには無いオンリーワンであり挑戦的なワインです。 フルボトル 760 本、ハーフボトル 609 本、2021 年ヴィンテージはバランスの良いエレガントなワインに仕上がり、杉樽による日本ワインの新たな可性を感じます。 武蔵ワイナリー株式会社 代表取締役・醸造責任者 福島有造 原材料名 ぶどう(埼玉県比企郡小川町産) 品種   小川小公子100% 製造者 武蔵ワイナリー株式会社 埼玉県比企郡小川町高谷104-1 酵母  天然酵母 内容量 375ml アルコール分 12% ※この商品はお酒です。 ※20歳以上であることを確認出来ない場合は販売致しません。

セール中のアイテム