小川 小公子 2019 Extreme
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

小川 小公子 2019 Extreme

¥6,600 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

ブドウ栽培は、JAS有機でも使用が認められているボルドー液と呼ばれる農薬も使用せず、完全無農薬を実践しています(未認証)。また、化学肥料も使用していません。 Extreme は、遅摘み小公子(糖度 23~24 度)+オーク樽(新樽)約 24 ヶ月熟成です。 全房除梗、醸し発酵 8 日目に圧搾、13 日目におり引きし、オーク新樽へ。約 24 ヶ月のオーク樽貯蔵を行い、瓶詰前にもおり引きし、直後に瓶詰め。ブドウの質がワインの質に繋がることを証明してくれるワイン。2019 年産ワインを代表する至福のワインに仕上がりました。 仕込み 13 日後に樽貯蔵してしまった為、MLF 発酵は未確認ながら、恐らくあったものと思われます。武蔵ワイナリーの小公子はスターターを添加しなくても MLF 発酵が始まります。 これまで同様、この仕込に関しても、ぶどう以外の物質を一切使用しませんでした。貯蔵、瓶詰め時には、ステンレスタンクの空尺を埋めるために二酸化炭素を使用し、瓶詰め時には不活性の窒素ガスを使用しました。亜硫酸塩を添加していない為、貯蔵、瓶詰めには品質保持に気を使っています。 約 2 年という貯蔵期間を取ったことで、酒石酸が一部結晶化し、除去されています。その分酸味は穏やかになっています。さらに遅摘みにより、ぶどうの酸が穏やかになったことが大きな要因です。 飲む際のワインの温度は、やはり高めがお勧めですが、比較低めでも違和感有りません。黄桃、パパイヤ、干しイチジク、果実味のあるスペシャルティコーヒー、チョコレート、アーモンド、アカシアはちみつの味わい、小公子独特の、人によってはオフフレーバーにとらわれるものが全く感じられません。 現時点で、間違い無く飲み頃です。これ以上旨くなるのか、今旨いので想像つきません。料理との相性は、ラザニア、グラタンなどクリーミーなもの、ナッツやレーズン、チーズなど、シンプルなもの、チーズケーキ、饅頭など甘い物全般がお勧めです。このワインをメインにデザートワインの様に楽しむ感じでしょうか。フルボトル 563 本、ハレの日に是非この幸せなワインをどうぞ。 武蔵ワイナリー株式会社 代表取締役・醸造責任者 福島有造 原材料名 ぶどう(埼玉県比企郡小川町産) 品種   小公子100% 製造者 武蔵ワイナリー株式会社 埼玉県比企郡小川町高谷104-1 酵母  天然酵母 内容量 750ml アルコール分 12% ※この商品はお酒です。 ※20歳以上であることを確認出来ない場合は販売致しません。