new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

饅頭怖い2021

5,500円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

ブドウ栽培は、JAS有機でも使用が認められているボルドー液と呼ばれる農薬も使用せず、完全無農薬を実践しています(未認証)。また、化学肥料も使用していません。 ワインの醸造においては、酵母、亜硫酸塩、おり引き剤など、ブドウ以外一切何も添加していません。 ワインはブドウを洗浄せずに造るものです。 農薬がついていればワインの中にそのまま入ってしまいます。 ですから、武蔵ワイナリーは「完全無農薬」にこだわっています。 『饅頭怖い2021』 2021 年は小公子にとっては秋雨が 8 月にやって来て、厳しい年となり、メルローはコナジラミ等の害虫の攻撃をかわしつつ、なんとか 2a の小さな畑で 100 キロ越えの収穫量を確保しました。 小公子と少量のメルローという組み合わせは、2019 年以来で、小公子をメルローの収穫時期まで保管しなければならず、結構大変です。全房除梗、醸し発酵 9 日目に圧搾、およそ 1 年のステンレスタンク熟成の後におり引きして瓶詰め。オーク樽を使用せず、ブドウの味わいと、赤ワインでは珍しいシュールリー(おりの上という意味)製法により旨味を引き出しました。 これまで同様、この仕込に関しても、ぶどう以外の物質を一切使用しませんでした。MLF 発酵を貯蔵時に確認、無濾過・無清澄にて仕上げています。貯蔵、瓶詰め時には、ステンレスタンクの空尺を埋めるために二酸化炭素を使用し、瓶詰め時には不活性のアルゴンガスを使用しました。 亜硫酸塩を添加していない為、貯蔵、瓶詰めには品質保持に気を使っています。 小川町のメルローは年々良くなってきています。気候的に難しいと思われましたが、樹勢を強める栽培方法により見通しが立ち、2019 年より栽培面積を拡張しました。まだ現状のメルローの収穫量は 115 kgで「饅頭怖い 2021」を造ることにしました。もしかすると、小公子とメルローの組み合わせは、武蔵ワイナリーを代表する銘柄になる可能性があります。 何でこのネーミングなのかと良く聞かれますが、このワインが旨すぎて怖いからです! このワインは小公子単独のワインよりは低温でも飲めますが、やはりやや高めの 20°Cくらいがお勧めです。メルロー独特のスミレの香りを感じられ、カシスや苺、ラズベリー、ブラックベリーの味わい、メルローが小公子の欠点を補い、小公子がメルローの陰に隠れている感じがします。 料理との相性は幅広く、こってりとした肉料理から繊細な和食まで楽しめます。特に合いそうなものをあげると、カモのロースト、ボロネーゼ、豚の角煮、辛みそだれの焼き鳥などでしょうか。 現時点で飲んでも美味しく仕上げていますが、年々熟成感を増すだろうと思います。5 年後なのか 10 年後なのか、まだまだこのワインの実力は先にあります。仕込の多くを樽貯蔵に回した為、生産本数は 319 本と希少です。2021 年産ワインの真打を是非味わってください。 武蔵ワイナリー株式会社 代表取締役・醸造責任者 福島有造 原材料名 ぶどう(埼玉県比企郡小川町産) 品種   小公子89% メルロー11% 製造者 武蔵ワイナリー株式会社 埼玉県比企郡小川町高谷104-1 酵母  天然酵母 内容量 750ml アルコール分 12% ※この商品はお酒です。 ※20歳以上であることを確認出来ない場合は販売致しません。

セール中のアイテム