new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

小川ヤマ・ソービニオン Blanc de Noirs 2022 750ml

4,620円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

ブドウ栽培は、JAS有機でも使用が認められているボルドー液と呼ばれる農薬も使用せず、完全無農薬を実践しています(未認証)。また、化学肥料も使用していません。 『 小川ヤマ・ソービニオン Blanc de Noirs 2022』 2022 年のヤマ・ソービニオンは、2021 年の収穫減から一転して 2t 越えとなり、このブランドノワールも仕込段階で 1,000L と昨年の約 3 倍とすることが出来ました。 しかしながら、9 月の日照が不足していたのか、未熟果を落とす作業に追われることとなりました。収穫時期は必然的に遅くなり、それにより糖度、熟度とも申し分無い状態に持って行くことが出来ました。 ヤマ・ソービニオンは、小公子と比較すると害虫に狙われやすく、無農薬での防除は困難を極めています。 ブドウスカシクロバとコナジラミ、この二大害虫との対決は毎年続きそうです。この害虫が増殖すると、糖度が上がらなくなってしまい無視は出来ません。 除梗せずに全房圧搾し、果皮の色があまり出ない程度のやさしい圧力で搾汁しました。発酵は 9°C前後で 123 日間、そして発酵継続中のワインから約半分を Jugemu として瓶詰めをし、そのままシュールリーでステンレスタンクにて約 4 ケ月貯蔵を続け、2 回おり引き後に瓶詰めしました。 これまで同様、この仕込に関しても、ぶどう以外の物質を一切使用せず、無濾過・無清澄にて仕上げています。 かりん、洋ナシ、オレンジ、紅茶の印象、余韻は長くまろやかな酸味が広がります。 最初は金色に輝く白、後半はやや赤みと旨味が増し、変化が楽しいブランドノワールに仕上がりました。 10°C以下に冷やせばキリっとした感じが楽しめ、赤ワイン品種なので常温 でも十分に楽しめます。 最初は冷やして開栓、その後は冷やさず温度上昇を楽しみながら飲むのがおすすめです。 このワインも旨味を重視しており、料理との相性は幅広いです。特に合う料理としては、アジフライ、穴子のてんぷら、うなぎの蒲焼など、多少脂っこい魚貝類が思い浮かびます。旨味が強い分、様々な料理と合わせやすく、お刺身などの生ものでも合いますし、合わない料理を見つけるのが難 しいです。もしも合わない料理を見つけたらご一報下さい! フルボトル 675 本、このワインは 5 年後もっと旨くなりますが、現在も十分飲み頃ですので、今飲んでしまいましょう! 武蔵ワイナリー株式会社 代表取締役・醸造責任者 福島有造 原材料名 ぶどう(埼玉県比企郡小川町産) 品種   ヤマ・ソービニオン100% 製造者 武蔵ワイナリー株式会社 埼玉県比企郡小川町高谷104-1 酵母  天然酵母 内容量 750ml アルコール分 12% ※この商品はお酒です。 ※20歳以上であることを確認出来ない場合は販売致しません。

セール中のアイテム