小川 小公子 2018 樽熟成 750ml
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

小川 小公子 2018 樽熟成 750ml

¥4,400 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

ブドウ栽培は、JAS有機でも使用が認められているボルドー液と呼ばれる農薬も使用せず、完全無農薬を実践しています(未認証)。また、化学肥料も使用していません。 2018 年産ワイン最後のリリース。小川小公子 2018 と途中まで同じ経過で、途中からオーク古樽へ。全房除梗、醸し発酵 8 日目に圧搾、11、13 日目におり引き、約 13 ヶ月ステンレスタンク貯蔵後、オーク古樽に移して約 15 か月貯蔵、瓶詰前にもおり引きし、直後に瓶詰め。オーク樽の香りをまといつつ、料理に合わせやすいワインを目指しました。 貯蔵中、初期の段階で MLF 発酵を確認しています。13°Cでのステンレスタンク貯蔵という条件下で、亜硫酸塩を添加しないで造っているからなのか、特に誘導した訳でもなく MLF 発酵が始まり、健全なブドウの力を感じました。 これまで同様、この仕込に関しても、ぶどう以外の物質を一切使用しませんでした。貯蔵、瓶詰め時には、ステンレスタンクの空尺を埋めるために二酸化炭素を使用し、瓶詰め時には不活性のアルゴンガスを使用しました。亜硫酸塩を添加していない為、貯蔵、瓶詰めには品質保持に気を使っています。 2 年以上貯蔵期間を取ったことで、酒石酸が一部結晶化し、除去されています。その分酸味は穏やかになり、かつオーク樽の甘い香りは小公子の強めの酸を和らげてくれます。 飲む際のワインの温度は、高めの 20°C前後がお勧めです。口に含むと豊かな酸を感じた後、ほのかな甘味が駆け抜けます。カシス、ダークチェリー、紅茶、ほんのりとチョコレートの様な味わいを感じます。 現時点で、十分飲み頃です。しかし、さらに年々熟成感を増すだろうと思います。少なくとも 5年、まだまだこのワインの実力は先にあります。料理との相性は、ステンレスタンク熟成の小川小公子 2018 同様に幅広い感じがします。お肉全般はもちろん、中華や和食でもいけそうです。このワインはフルボトル 1,065 本、ハーフボトル 246 本、小公子ワインの新たなスタンダードになる可能性があります。 武蔵ワイナリー株式会社 代表取締役・醸造責任者 福島有造 原材料名 ぶどう(埼玉県比企郡小川町産) 品種   小公子100% 製造者 武蔵ワイナリー株式会社 埼玉県比企郡小川町高谷104-1 酵母  天然酵母 内容量 750ml アルコール分 11% ※この商品はお酒です。 ※20歳以上であることを確認出来ない場合は販売致しません。