小川 ヤマ・ソービニオン Blanc de Noirs 2019 Oak
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

小川 ヤマ・ソービニオン Blanc de Noirs 2019 Oak

¥5,500 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

ブドウ栽培は、JAS有機でも使用が認められているボルドー液と呼ばれる農薬も使用せず、完全無農薬を実践しています(未認証)。また、化学肥料も使用していません。 ワインの醸造においては、酵母、亜硫酸塩、おり引き剤など、ブドウ以外一切何も添加していません。 ワインはブドウを洗浄せずに造るものです。 農薬がついていればワインの中にそのまま入ってしまいます。 ですから、武蔵ワイナリーは「完全無農薬」にこだわっています。 2019 年のヤマ・ソービニオンは一部ブドウトリバという害虫に悩まされ、何度も何度も駆除する区画がありました。ブドウの質は概ね良好で、約 1,500 ㎏の収獲が有り、ボルドー液も使用しない完全無農薬での栽培が確立されています。この品種は今後も栽培面積を拡大していく方針です。 赤ワイン品種で造る白ワインですので、除梗破砕せず、房のままプレスし、果皮の色があまり出ない程度の圧力に留めました。7℃前後で114 日間発酵させ、おり引き。一部Jugum2019 となりました。このワインはその後、ステンレスタンクで 4 か月熟成した後、フレンチオーク新樽に 225L を移し 12 か月熟成、ステンレスタンク 16 か月熟成の約 50L と合わせて瓶詰めしました。 すでに良い感じに仕上がっていますが、5 年くらい寝かせたらもっと深みが出るのでは無いかと期待しています。白ワインは、一般的に冷やして飲むイメージですが、このワインは赤ワイン同様に大き目のグラスで、20℃前後の常温でお試し頂きたく思います。温度高めで飲むことで、ワインの深みが感じられます。低温だとあっさりとした印象で、このワインの良さが出ず、ややもったいない感じがします。 これまで同様、この仕込に関しても、ぶどう以外の物質を一切使用せず、無濾過・無清澄にて仕上げています。ワインの印象としては、このワインと同じ仕込で発泡性の Jugum2019 はりんごのニュアンスが全面に出ていましたが、かりんや洋ナシの印象に加え、オレンジやみかんの柑橘系の酸を感じられます。また、温度高めではちみつの様な深みのある印象を受けるかもしれません。 このワインは、肉なら赤身よりも白身系、揚げ物は相性良さそうです。具体的には、クリームチーズの様なフレッシュなチーズ、ローストチキンや唐揚げなど、鯛や鯖など焼き魚全般、各種天ぷら、和食全般相性がよさそうですが、刺身など生ものでも違和感なく受け止めてくれそうです。生ものの場合は、温度低めが良いかもしれません。 このワインは、フルボトル 350 本といつも以上に希少となっています。 武蔵ワイナリー株式会社 代表取締役・醸造責任者 福島有造 原材料:ぶどう(埼玉県比企郡小川町産) ぶどう品種 : ヤマ・ソービニオン100% 酵母 : 天然酵母 アルコール : 11% ※この商品はお酒です。 ※20歳以上であることを確認出来ない場合は販売致しません。 ※ご購入の際、「備考欄」に20歳以上であることをご記載下さい。 ※20歳以上であることの記載がない場合、確認のご連絡をさせて頂きます。